症例

症例
受け口

10歳 男性 受け口


この症例は、受け口の症例です。

子供の時の受け口を放っておくと、骨格的な下顎前突になる恐れがあります。

つまり、しゃくれている状態です。


ですので、受け口に関しては、他の症例よりも早めの治療開始を推奨しています。おおよそ、小学2年生くらいです。

とりあえず、受け口だけ改善するのですが、その期間は1ヶ月から半年くらいです。

そして、受け口が改善したら経過観察となり、何も矯正治療をしていない期間となります。


それから、永久歯が揃ったときに、凸凹があるようならば、再び矯正治療を開始します。

その時期は、小学6年生から中学1年生あたりです。


凸凹を並べ終わって矯正治療終了となるので、トータルの矯正治療期間は長いように思いますが、実質治療をしていた時期は2年に満たないくらいです。


適切な時期に治療を開始できたので、キレイに仕上がったと思います。


歯並びの相談随時受けつけています。ぜひ、お問い合わせのほどを。


・治療内容

乳歯が残っている時に受け口だけ改善しておき、凸凹に関しては、永久歯が揃ってからブラケット装置にて治療。

・費用等に関する事項

おおよそ80万から100万円くらい

・治療等の主なリスク

受け口の治療は難しい事があり、大幅に治療期間が長引く事があります。

歯根が短くなる事があります。

歯肉が退縮することがあります。

・副作用等 

矯正治療中に歯磨きを怠ると通常より虫歯になりやすくなります。

保定装置を怠ると、後戻りします。


※詳しいご感想等は、当院内でご覧いただけます(*^_^*)
矯正相談は無料です。お気軽にお越しください♪
0120-539-118  0595-21-1616
WEB予約はこちら

三重県伊賀市・矯正の専門医は峰歯科

  • twitter
  • facebook
  • instagram
〒518-0878 三重県伊賀市上野西大手町3598
※お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください。
診療時間
9:00-13:00 - -
15:00-19:00 - -