マウスピース矯正


装置の見た目がどうしても気になる・・とお悩みの方へ


歯並びの治療はしたいけれども、装置の見た目がどうしても気になる・・・

そんなこと、ありませんか?

それで、矯正治療を諦めるのは、まだ早いです。

マウスピースを付けるタイプの矯正治療があります。

メリットとして、なんといっても見た目に非常に分りにくいというのが挙げられます。

また、食事の時には外しますので、針金の装置に比べて、違和感が小さいというのも魅力でしょう。

取り外し可能ですが、基本的には食事と歯磨きの時以外、一日22時間以上装着する自信のある方ならば、非常にお勧めの矯正治療の方法です。

また、当院のマウスピース矯正は、インビザラインです。アメリカ初のマウスピース矯正ですが、世界中で最も使用されているマウスピース矯正です。

当院ではマウスピース矯正とワイヤー矯正を合わせた治療が可能です。

でも、マウスピース矯正でちゃんと治すことができるの?

と言う不安があると思います。

実際、マウスピース矯正だけで治療するのは難しい症例があります。また、マウスピースの適応の症例である場合、針金の装置を付けてしまった方が早いということも多々あります。

そのため、当院ではマウスピース希望で来られた方であっても、相談の結果、針金の矯正を選ばれる事も結構あります。

ただ、矯正装置の見た目だけで、矯正治療を諦めてしまうのはもったいないと考えています。

もし、マウスピースだけでは、満足のいくところまで動かせなかったとしても、当院は矯正専門の歯科医院ですので、針金の装置でしっかりと納得のいくところまで、治療することが可能です。

その場合のメリットとして、針金の治療期間を著しく短くすることができるというメリットがあります。

一応マウスピース矯正をするにしても、ある程度は針金の装置を装着する可能性がありますが、新型コロナウイルス感染症の影響により、マスク着用に何の違和感もなくなっている状況ですので、針金の装置の敷居も低くなってきています。

人知れず、歯並びが良くなっているというのも、実現可能です。

ぜひ、お問い合わせのほどを。

マウスピース矯正についての治療概要

  • 通常必要とされる治療内容
    検査して診断結果を元に決定します
  • 費用等に関する事項
    100万円~
  • 治療等の主なリスク
    マウスピースを使用しないと歯が動きません。マウスピースだけでは動ききらず、ワイヤー治療に移行する場合があります。治療終了後、保定装置の使用を怠ると後戻りします。
  • 副作用等
    歯根吸収、歯肉退縮等起こることがあります。

三重県伊賀市・矯正の専門医は峰歯科

  • twitter
  • facebook
  • instagram
〒518-0878 三重県伊賀市上野西大手町3598
※お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください。
診療時間
9:00-13:00 - -
15:00-19:00 - -