症例

症例
でこぼこ(叢生)

7歳 女性 口元の突出感が気になっていた症例


この症例は、最初前歯が噛んでいませんでした。その理由は、舌が挟まってしまう癖があるからです。

ですので、舌が挟まらないような装置を付けて、前歯を噛ませるようにしました。小学2年生くらいの時です。

一旦前歯が噛むようになってから、装置を休憩しました。

永久歯が揃った段階で、凸凹が有り、また口元の突出があるために、歯を上下左右4本抜いて治療しました。

小学2年生の時に舌が挟まる癖を改善できたおかげで、この治療はかなりスムーズに出来たと感じています。

矯正治療は適切な時期に行われると、治療が楽になります。

子供の治療の開始の目安として、小学2年生と小学4・5年生です。どちらが良いのかは、症例によってとなります。

今回のような前歯が噛んでいない症例と、受け口の症例は当院では小学2年生を推奨しています。



・通常必要とされる治療内容

子供の時、舌が挟まるために前歯が噛まないので、舌の癖を治す装置を付けます。

永久歯が揃ってから、ブラケット装置で治療します。咬ませるために矯正用の輪ゴムを掛けてもらう必要があります。

・費用等に関する事項

おおよそ80万から100万円くらい

・治療等の主なリスク

前歯がかみ合わないのは骨格が原因の事があり、完全に改善するには時間がかかる事があります。

歯根が短くなる事があります。

歯肉が退縮することがあります。

・副作用等 

矯正治療中に歯磨きを怠ると通常より虫歯になりやすくなります。

保定装置を怠ると、後戻りします。


※詳しいご感想等は、当院内でご覧いただけます(*^_^*)

矯正相談は無料です。お気軽にお越しください♪
0120-539-118  0595-21-1616
WEB予約はこちら

三重県伊賀市・矯正は峰歯科

  • twitter
  • facebook
  • instagram
〒518-0878 三重県伊賀市上野西大手町3598
※お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください。
診療時間
9:00-13:00 - -
15:00-19:00 - -