「昔から軽く出っ歯とか言われて、傷ついている」
「そのような相談は、他人には出来なくて困っている」
「前歯で咬めないため、トウモロコシやリンゴの丸かじりが出来ない」


上顎前突・・・通称出っ歯。もしきれいになったら、すごく良いと思いませんか?

この歯並び、芸人さんで笑いに変えている方が多数いらっしゃいます。

彼らは、それによってお金をもらっているので、いじられてもむしろ美味しいと思っているでしょう。

テレビとかでタレントさんが軽くいじられており、さらにいじられている本人はさらにそれを強調したりしています。

しかも、タレントさんで出っ歯と言われているほとんどの人が、良く見ると意外と出っ歯ではありません。只々、ネタとして使っているだけです。

しかし、現実の世界で言われた方は、みんな傷ついています。テレビの影響というのは案外大きく、この歯並びは現実の世界でも割といじられやすい歯並びです。

ですので、歯並び相談をしていても、多くの方が出っ歯であることを悩まれています。


ところで、この歯並び、問題は見た目だけではありません。

機能的にもかなり損をしています。しかし、その歯並びだけしか経験したことが無いので、その不具合に気づいていないことが多いのですが、少なくとも3つの損をしています。

1.唇を閉じることができない

出っ歯であると、上の前歯と下の前歯の間に唇が挟まってしまいます。

そのために、普通に口を閉じると上の前歯が出た状態になります。

そうすると、「口閉じなさい」などと、注意されることとなります。唇を閉じるためには、意識して下唇を前に押し出す必要があります。つまり、たった唇を閉じるという行為だけなのに損をしているのです。

唇を閉じるために、頑張って下唇を前に押し出したとします。そうすると、唇を閉じることができますが、下唇にすごく力が入った状態となります。

唇を意識しないと閉じられないという事は、寝ているときには、唇が開いてしまいます。そうすると、前歯が乾燥します。唾液には免疫作用があるので、乾燥した歯は、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

2.前歯で咬むことができない

この歯並びは、前歯が強調されるので、一見前歯で何でも咬めそうに思っている方もいらっしゃいます。しかい、実際は上下の歯が咬んでいないので、前歯で咬みちぎることが難しいのです。

そのため、トウモロコシやりんごのような、丸かじりするものを食べるのが苦手だったりします。

3.前歯が折れやすい

当院でも、年間に数人、事故により前歯を折ってしまう方が来院されます。

事故によるものなので、防ぎようもないときはあるかと思います。しかし、歯を折っている方の多くは、上顎の前歯が突出している方です。

なぜかというと、前歯が出ているために、障害物とぶつかる時に、点で打ちやすくなります。歯並びが良いと、面で打つので力が分散しやすくなります。そのため、前歯が出ていると事故の時の被害を大きくしてしまう可能性が高いのです。


このように、出っ歯は見た目だけでなく、機能的にもかなり損をしています。周りの人は、それくらいいいんじゃない?とか言うかもしれません。

しかし、それは他人の歯並びを経験できないから解らないのです。分からないまま意見している、非常に無責任な意見だと思います。

実際治療したら、本当に良くなります。

皆さん、とても満足しておられます。

見た目が気になり歯並びを治していますが、前歯で咬みやすくなったり、肩こりなどの思わぬことが改善したり、何かと良くなることがあるのです。

そして、何と言っても、もう前歯が出ていることを軽々しく指摘されることがなくなるのです。

ぜひ、一度相談だけでもお越しください。

相談は無料で行っています。



無料メール相談

峰歯科医院では、随時メールでのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、近県地方以外の方のご相談はご遠慮下さい
は入力必須項目です。

内容 無料メール相談 お問い合わせ その他
お名前
メール
(確認用)
ご住所
電話番号
メッセージ
HP公開 OK NG
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、OKを選択して下さい。