高い?安い?実はお得な矯正治療!

矯正治療は保険が適用されない治療です。したがって、一般的な歯科治療に比べると、高額な治療になります。

お金がないから矯正治療が出来ないというのは、大変ごもっともなことだと思いますし、なるべく有効に使いたい物ですよね。

だた、実は矯正治療はとっても『お得』な側面もあるのです。
あまり知られていない、矯正治療の『お得』な部分をご紹介します!

『美容』には矯正治療が一番お金がかからない!?

外見の美しさ、内面の輝きなど、『美』の追求は女性にとって永遠のテーマですよね。

実は、矯正治療は美容にとって非常に効果的です。詳しくはこちらのページをでご紹介していますが、歯並びがきれいになると、本当に顔の印象が変わります

芸能人も、歯並びが悪いほとんどの方が治療していることからでも、何となくその大切さが分かるような気がしませんか?

そして、実は矯正治療はよく考えると、非常に経済的な美容対策なのです!

1.毎月の化粧品よりも矯正治療は安い!?

女性であれば誰でも使う化粧品。美しさを際だたせるには非常に重要なツールですよね。まずは、この化粧品と比較してみたいと思います。

ちなみに、日本人女性の月の化粧品代の平均は約6500円です。ちょっと化粧品にこだわっている方で、10000~15000円程度を毎月使うそうです。

これを矯正治療と比較してみましょう。

矯正治療費は約70万円くらいです。30歳に矯正治療が終わると、平均的には残り50年。

そうすると、月々平均の矯正予算は1166円です。40歳で矯正治療が終わると月々平均1458円です。50歳だと1944円。60歳だと2916円。

女性は一生化粧品を使うことを考えても、いまお使いの化粧品を2,000円ほど節約すれば、矯正治療の費用は出てしまう計算です。

2.美容院やアクセサリー、服などとの比較

また、美容院には平均的には2か月に1回通う方が多いようです。そして1回あたりの平均予算は約10,000円です。

そうすると、年間に6万円かかり、20歳から60歳までにかかる予算は240万円ほどかかります。

他に服や、アクセサリーなどに気をつけだすと、とんでもなくお金がかかることは、もはや説明の必要もありませんよね。

そして、そのような装飾品は流行り廃りや、品質そのものの劣化がありますので、一回買ったからと言って、永久的にきれいに着飾ってくれる訳ではありません。

それを考えると、費用対効果が高く、矯正治療がいかに低予算の美容であることかが、分かるのではないでしょうか。

矯正治療で医療費も削減!

実は、歯の本数と身体の健康やお金とは、非常に密接な関係があります。

下のグラフは、"70歳以上"の「1か月当たりかかった医療費」と「残っている歯の本数」との関係を調べたものです。

・20本以上歯が残っている人
・15~19本残っている人
・10~14本残っている人
・ 5~9本残っている人
・ 0~4本しか残っていない人


の5つのグループに分けて調べたところ、その結果「20本以上歯が残っている人」の医療費は月平均26,660円、「0~4本しか残っていない人」では平均35,930円となりました。

なんと、毎月9,270円もの金額の差があることになります。

当然、医療費が多いと言うことは、病気になったりと健康を害す割合が高いと言うことですよね。

つまり、歯の本数が少なければ少ないほど、病気になりやすいということなのです。

以上のように、歯の健康は、全身の健康に大きな影響を及ぼしていることが明らかになっています。

歯が残っている人と、残っていない人では、それまでの歯科治療にかかる費用も大きく違います。矯正治療はご自分の歯を守るための最高の治療です。

単純に医療費だけでも元が取れますが、それ以上に健康であるということが、何よりの投資ではないでしょうか。



無料メール相談

峰歯科医院では、随時メールでのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、近県地方以外の方のご相談はご遠慮下さい
は入力必須項目です。

内容 無料メール相談 お問い合わせ その他
お名前
メール
(確認用)
ご住所
電話番号
メッセージ
HP公開 OK NG
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、OKを選択して下さい。