フル矯正のススメセミナー 矯正治療は、専門性が高い・・・

これは、一般の人でも知りつつある常識となっています。

歯科大学では、矯正の授業を行ってはいるものの、矯正治療を実際にできるところまでには程遠いものです。
ですので、実際に矯正治療の知識を得ようと思ったら、矯正科に残らないとなかなか厳しいという背景があります。

クリッピーC 一般的に矯正治療を学ぼうと思ったら、大学病院などの大きな施設の矯正科に入ります。それ以外にはあまり手が無いというのが現状です。

その様な専門の施設で勉強したという一つの証があります。まずは、日本最大の矯正歯科団体、日本矯正歯科学会の認定医、専門医です。また、その他小さな団体の専門医というのもあるようです。

私も、東京医科歯科大学の矯正科でしっかりとした矯正治療を学んでいます。日本矯正歯科学会の認定医です。

そんな中、矯正治療はなかなか一般の先生が手を出しにくい状況にあります。その最大の理由に、矯正治療についての分かりやすい教科書が無い、という事情があります。

矯正科に入ったからといって、有効な教科書がある訳ではありません。ただ、矯正科に入るとたくさんの矯正治療に巡り合うことができます。そして、様々な局面の経験をすることができます。

クリッピーC しかし、矯正治療だけでなく医療全般に言えるのですが、最初の診断が間違えていればいい治療をすることができません。ですので、矯正科に入って認定医や、どこかの小団体の専門医を持っていたからといっても、その矯正科の先生の治療が必ず上手かどうかは実は分かりません。少なくとも、ある一定以上の経験値があるという証にはなっていますけれども・・・

また、矯正科を出ているにも関わらず認定医を持っていない先生もいます。そして、矯正科出身でない先生も、矯正治療をしていることがあります。これらの先生たちは、矯正治療の一定の経験値はない可能性がありますが、とても上手に治療されている場合もあります。(もちろん、そうでない場合もあります。)

このような状況を何とかできないかと、私は考えました。

自分自身の多くの矯正治療の経験をしました。その中から、私は自分の矯正治療にパターンがあることに気付きました。そして、そのパターンをまとめて分かりやすい教科書を作れないかと考えたのです。

それを実行に移して、自分なりに上手くいった経験を教科書に仕立て上げました。その手技は、「エニムスタイル」です。

この「エニムスタイル」について、これから矯正治療を学びたいと思っている先生方にセミナーをしています。

クリッピーC 矯正治療は、虫歯の治療と違ってドリルを使いません。ドリルで歯を削るには、微妙な手指感覚が必要となります。これは、なかなか教えることができず、センスに頼らざるを得ません。

しかし、矯正治療は歯にワイヤーを装着するだけです。同じようなワイヤーを入れれば、誰だって同じ結果になるのです。ですので、その矯正方法に手順ごとに一定のルールを設ければ、誰だって同じような治療が出来るようになるのです。

私の矯正手技「エニムスタイル」によって、多くの人の歯並びを治療出来たら素晴らしい事です。より多くの笑顔を作ることができます。

そんな矯正治療の元祖を、伊賀にて受けることができるのです。

是非、一度矯正治療の相談に来てみて下さい。ちなみに相談は無料です。



無料メール相談

峰歯科医院では、随時メールでのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、近県地方以外の方のご相談はご遠慮下さい
は入力必須項目です。

内容 無料メール相談 お問い合わせ その他
お名前
メール
(確認用)
ご住所
電話番号
メッセージ
HP公開 OK NG
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、OKを選択して下さい。